指輪

ラザールダイヤモンドで輝く愛の証|ラブジュエリーセレクション

永遠の愛の証に

手

後悔しない選び方は

結婚指輪は、結婚を約束した男女がその証として身に付けるリングのことをいいます。結婚指輪の意味は、二人の愛の証と同時に、自分にパートナーがいるということを周囲の人に知らせる印でもあるのです。現在は結婚の形も様々で、婚約指輪や結納、挙式、新婚旅行等を行わないことも少なくないと言われていますが、それでも結婚指輪の購入はほとんどのカップルが行っています。これは基本的に結婚指輪は毎日身につけるものであり、自他共に家族になった決心を表すものという意味合いが浸透しているからでしょう。そんな大切な意味合いを持つ結婚指輪だからこそ、選び方は慎重に行うことが肝心です。指輪というとどうしても女性が中心となって購入しがちですが、これから数十年もの長き間に普段アクセサリーをつけ慣れていない男性に身につけてもらうには、やはりお互いの意見をきちんとすり合わせることが大切です。結婚指輪を扱う宝飾店に行く際には、必ずカップルで出かけることはもちろんのこと、できれば来店予約することが望ましいと言われています。これは来店予約をすることで、事前にショップ側は数多くの指輪が用意できるため、ゆっくりと選べる上、好みの指輪を見つけやすくなるからです。ちなみに、結婚指輪は購入後にサイズ調整や刻印を行うため、受け取りには3週間から1ヶ月の猶予が必要です。また、既製品ではなくデザインから全てオーダーメイドの結婚指輪にする場合は、3ヶ月程度は必要とされることから、できるだけ余裕を持って購入することが求められます。