指輪

ラザールダイヤモンドで輝く愛の証|ラブジュエリーセレクション

相手の好みを把握して

リング

リサーチが重要

婚約指輪は、婚約の記念に贈る指輪のことです。多くの場合、プロポーズの際に男性から女性に贈られます。近年では、節約志向の高まりから、婚約指輪はいらないとあらかじめ言っておく女性も増えてきています。しかし、やはり多くの女性にとって婚約指輪はあこがれの存在であり、根強い人気があります。婚約指輪を選ぶときは、女性の好みを把握して選ぶのが重要です。特にサプライズで贈りたいと思っているのならば、事前のリサーチが非常に重要となります。婚約指輪は、ダイヤモンドがついた華やかなデザインが定番です。立て爪にダイヤモンドをあしらったものが定番ですが、ダイヤモンドを埋め込んでいるタイプもあります。ダイヤモンドではなく、誕生石など他の宝石をチョイスする人もいます。決まりは特にないので、そのあたりは好みで選び分ければよいでしょう。立て爪タイプの指輪は、宝石がひっかかることがありうるため、日常的につけられないとしてあまり好まない女性もいます。日常的に婚約指輪をつけていたいと考えているかどうかもチェックしておきましょう。デザインには、ストレート、ウエーブ、Vラインの三種類があります。それぞれつけたときの雰囲気が変わります。つけてみて確かめるのが一番ですが、サプライズで渡したいときはつけたときの雰囲気が彼女にあっているかどうかを考えて選びましょう。サイズも重要です。普段使っている指輪があればそれをチェックするのもよいですし、寝ているときなどにそっとはかるのもよいでしょう。プロポーズ用のリングをレンタルできるサービスもあるので、それを利用するのも一つの手です。